弦楽館
シュニトケ作曲 ハイドン風モーツァルト
編成 [2vn/str]     
作曲年(or出版年) 1977年
「冗談音楽風」等の各記述項目を押すと、その点が共通した類似楽曲を検索します
曲の感じ 冗談音楽風
演奏時間 約12分
難易度
定番度 -  →この分野の定番曲
ひとこと

(英語表記題名: Moz-art a la Haydn )
クレーメルとタチアナ・グリデンコのコンビのために書かれた一種のパフォーマンス作品。真っ暗な中から1人づつ奏者にライトを当ていき再び真っ暗に戻るという全体の構成はハイドンの告別のパロディで、音楽はモーツァルトの旋律の破片を気ままに積み上げるもの。本来の楽器編成は3vn+1Vla+1Vcの五重奏×2組に1Cbと2人のvnソロ。   

   →ネット上の作品解説を検索
著作権 2048年まで
作曲者について
音源・楽譜検索  YouTube / PD(パブリックドメイン譜) / アマゾン / 楽天 / ナクソス
 SheetMusicPlus(海外廉価楽譜) / NYPアーカイブズ(楽譜記録)